那覇市をはじめとする沖縄県の看護師の求人について

沖縄県の場合の看護師の求人数は、全国平均を上回る規模を持っていますが、離島が多い分人材がばらけてしまう傾向があります。またそのことにより、医療人材の機能などが弱まる傾向もあり、また離職率も全国の大都市圏並みに高まっているというデータもあります。 新規に募集する看護師の人材と就職率は宮古島では多く、求職者の希望と求める人材が合致している結果になっていますがそのほかのエリアでは上手くいるとは言い難い結果になっており、それは那覇市でも例外ではありません。

それでも、希望する人材自体は全体的に減ってはいません。理由としては沖縄県という土地のイメージや海が綺麗で一度は住んで遊びたいという意味あいで希望する看護師が多いことがあげられます。冬でも温暖であるということから沖縄県の冬場では離島で応援の意味合いで希望する人たちも一定数います。 実績によっては年収400万円程度稼げることもあり、給料面では決して恵まれていないわけではないといえます。なので永続的に移住するかはおいといても人気のエリアといえます。

タグ

2014年6月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の人生における転職について

このページの先頭へ